モテる男性とモテない男性のファッションセンスの違いの具体例の紹介

 

 

 

モテる男性とモテない男性のファッションセンスの違いの具体例の紹介

 

モテる男性の要素には、ファッションセンスも含まれています。これを多くの男性が勘違いしているのも事実なのをご存知でしょうか。メンズファッション雑誌は頻繁にチェックしている。別に女性に面と向かって容姿について欠点を挙げられたわけでもない。自分で言うのもナンだが、周囲からみて嫌味でな程度に身だしなみに気を使っている。でもモテないのであれば、ファッションセンス以前に、客観性に欠けているという事なのです。

 

モテる男性は無意識に服や靴、時には帽子を、以下の様な基準で選んでいるのです

 

1:周囲の個性を潰す様な悪目立ちはしていないか
2:いつも同じものを着ている人という印象になっていないか
3:手入れの行き届いたものを身についているか
4:ファッション一つをとっても周囲の人の意見も取り入れつつ、個性を生かしたものとしているか。

 

 

よってモテ男の服装は、上から下までちぐはぐではないのに、纏まっていて、どこか一点嫌味なく光る存在があるので、ついつい異性や、才能ある同性から『それどこで買ったの?』と聞かれ、彼、彼女らの服装をきっかけに話が弾んでいくのです。

 

 

モテない男性の服装はこの真逆です。

 

1:同じ色の服もしくは安物を着ているイメージがある
2:本人こだわりの自己投資ファッションについての長話を誰とかまわずする
3:シャワーをこまめに浴びているはずなのに、清潔感に欠けている
4:そもそも服装は他人にどう見られていても気にしない自己満足型。

 

哀しい話ですが、服や靴にどんな高額投資をしても、その時に、いかにこの靴や服を手に入れるのが大変だったか、長々と苦労を話すタイプはモテません。似合っているものを無口にさりげなく身にまとうことができない男性はモテないのです。最近は楽なのかラッパズボンや、サーフパンツ、夏はビーサン、冬はスニーカーが、男性の定番ファッションスタイルに多くなりましたが、あれはあくまでネイティブのチョイ悪オヤジがビーチでやってはじめて決まるもの。肌も焼いて、体も鍛え、手入れをしてからでないと決まらないファッションなのです。私自身が好きな男性のファッションスタイルは、この様な時代の流れに流されず、手抜きをしない、他人に見られていることを適度に意識したものです。

 

女子ウケ抜群のメンズコーデをみてみる